ATF オートマチック・トランスミッション・フルード 交換





★ATF (オートマチック・トランスミッション・フルード) 交換

あまりなじみのないオイルだけに、

お車を買い替えるまでの間、

一度も交換したことがない方が多いと思いますが、

エンジンオイルのように、定期的に交換した方が良いのって、

疑問になると思いますが?


ATF オートマオイルとは、AT(オートマチックトランスミッション)車専用のミッションオイルです。

ATFはオートマチック・トランスミッション・フルードの略称で、

動力の伝達・シフト制御・部品の潤滑・トランスミッションの冷却・トランスミッションの洗浄など多岐にわたっており、

非常に重要な役割を果たしているオイルになります。



オートマオイルの交換頻度は、一般的に走行距離が2万キロ~3万キロ毎の交換が推奨になりますが、

(現在ではメーカーや車種によっては10万キロ毎の交換を推奨している車種もあります。)

万全の状態で乗り続けるためには、2万キロ~3万キロ毎に交換するのが、ベストだと思います




交換方法

1.「循環式」
オイルレベルゲージ穴にチェンジャーのノズルをさし込み、古いオイルを抜き取り新油を注入する操作を数回繰り返してオ イル交換をします。

2.「圧送式」
ATF のオイルクーラーホースをはずして、文字どおり新油に高い圧力をかけながら古いオイルを押し出す方式です。
古いオイルの残る割合は「圧送式」の方が少なく、「循環式」より優れた方式になります。


※但し、過走行のお車や、変速ショックが大きい、滑り始めてるといった症状がある場合は、

交換方法、交換オイル量など変わってきますので、ご相談下さい。