ウインドガラス撥水コーティング
IMG_5625_R

撥水加工前

IMG_5627_R

撥水加工後

ウインドガラス撥水コーティング施工



★ガラス撥水コーティング

従来のガラス撥水剤の多くは、施工前に専用処理剤でウインドウの油膜を除去する 必要がありましたが、

当店で使用している撥水剤は、油膜を強制排除しながら、 同時に撥水コーティング出来る画期的なコーティング剤です!

作業効率がアップするとともにコスト削減にも効果的!





まずは、傷の要因になる汚れを充分に拭き取ります。








効果を違いを見るため、左半分だけ施工します。

特殊開発したスポンジに撥水剤を定量付け、ウインドガラスに均一に塗り延ばします。

撥水剤が乾燥すると、表面が白く濁ります。






乾燥を確認後、水で濡らして硬く絞ったタオルで拭き取り

仕上げに乾いたタオルで、拭き上げます。

空吹きを多用する程、光沢が増します。









たったこれだけの作業で、油膜除去・撥水コーティングで、

これだけの撥水効果があります。

施工後は強力撥水性、防汚性により、

油膜や樹液・排気ガス・虫カスなどの汚れの 再付着も除去しアフターメンテナンス性にも優れております!

フロントガラスガラス以外も施工出来ます。
(ドアミラーには施工出来ませんのでご了承下さい。)

撥水効果は約2~3ヶ月位です!

フロントガラスは二度塗りをお勧め致します。より光沢が増し、長時間ガラスを保護出来ます。


注※成分定着のため、約2時間は水気を避けるようにして下さい。
乾燥時間の差異により、撥水の仕方が異なります。